KIBAMEMO

2016/03/23

レッキング狂う

image1





1960〜1970年代のメジャー作品の大多数に関わっていながらも、当時のプロデューサー陣の考えにより、名前がほぼ知られてこなかったという音楽家集団「レッキング・クルー」の映画を観てきた。

俺も誰一人名前知らない状態で観にいったけど、一曲一曲が特に実験的だったはずの時代の覇者達だけあって、繊細で豪快なおっちゃん、おばちゃんで。

映画終わる頃には大ファンになっていた。

特にギタリストのトミー・テデスコが最高だった。




レッキング・クルーって壊し屋って意味らしいんだけど、言い換えれば新しいものを作るってことで。

これって根性とかタフさとかはもちろん。

なにより、相当愛情深くないと成り立たないと思うんだよなぁ。


もう、なんか、

たまんねーよ!

惚れちまうよ!



CATEGORY : DIARY

2016/03/16

汽葉画廊 4





image1 (3)




「化け物」という楽曲を作ってる時に、見た自分。



CATEGORY : PICTURE

2016/03/16

汽葉画廊 3


image1





大事にしていくのだ。



CATEGORY : PICTURE

RECENT POST

CATEGORY

  • ARCHIVE