KIBAMEMO

2015/06/26

KIBALIVE

KIBAMEMO_image_0701

6.25 汽葉ケイスケワンマンLIVE
@三軒茶屋グレープフルーツムーン
「KIBALIVE」

来てくれた皆さん。どうもありがとうございました。
本当に、ありがとう。

去年スーダラ少年の活動が制作の為とはいえ、どんどんスローペースになり活動休止までしてしまった。

「汽葉ケイスケ」の音楽は、まだ世の中で視聴できるものも何もない。
その初めてのLIVEが一時間とは言えど、ワンマンLIVE。

当初決まった時はまたLIVEを始める幸せと同時に、何とも説明できぬべっとりとした恐怖を背中に感じた。
情けない事に、「それ」は結局そのまま当日ステージに上がるまで拭えなかった。

そして、当日。

ステージに立って、ギターにシールドをさした。
チューニングをした後に、右手でマイクの位置を調整した。
そしてフロアを見た瞬間、ヘラを使ってシールを綺麗に剥がすように、「ソレ」はめくれ上がって落ちた。

フロアの皆の顔が、「待ってました!」という表情より「汽葉ケイスケとやらよ、どんなモノか見に来たぞ。」という空気なのを感じた。
とにかくそれに応えたい。と思った。

その後はあっという間の1時間。
皆にとってもそうだったろうか?

最後皆に手を振ってる時に
「あ、汽葉ケイスケを理解してくれた。」
と自分に伝わって来る拍手の音がしていて、それは同時に本当の始まりの音だと思った。

ステージを去る時に、先程めくれ上がって落ちた「それ」を、僕はLIVE中にラグマットのようにすっかり踏んでいた事に気付いた。
あのマットに着いていた足跡の写真を撮りたかったが、そのカメラは残念ながら今売ってないので、やはり僕はいずれ音楽にすると思う。

とにかく、汽葉ケイスケはじめました。
いや、はじまりました。

これからヨロシクどっすー。

CATEGORY : LIVE

2015/06/05

青柳拓次さん

KIBAMEMO_image_0605

僕がLITTLE CREATURESというバンドを初めて知ったのは、10年程前に全く違うアーティストのLIVEを観てる時、ベースの人がめちゃくちゃ上手くて見惚れてしまったことから始まる。その人がLITTLE CREATURESの鈴木正人さんだった。そして「NIGHT PEOPLE」を聴いて、LITTLE CREATURESというバンドが大好きになった。これが本当の最初。

ソロ活動も多い彼らなので、いろんな音楽にクレジットされてる、LITTLE CREATURESのメンバーの名前を探すのも楽しくなったりした。自分は歌い手なので、特にヴォーカルの青柳拓次さんのソロ作品やプロデュース作品を聴くことが多かった。

話は変わるようで変わりはしないが、汽葉ケイスケの初作品を、そんな青柳拓次さんと作らせて頂くことになった。

数日前に僕の我が儘で、音楽作りをする前に青柳さんと二人で恵比寿で飲ませてもらった。
作品を作るにあたってアレを話したい、コレを話したいと思っていたんだけど。
話してるウチに頭にLITTLE CREATURESを聴いていた時のいろんな光景が浮かんでしまって、頭の中にそれ以外何もなくなってしまった。
ただ、目の前の「青柳拓次」という人から感じるモノと彼の音楽から感じていたモノが、全く違わないことに凄く感動していた。この人の音楽は、まさにこの人の人柄というダシから出来ているんだなぁと思った。
そう思ってから、自分が伝えかったことを頭で考えるのを止めた。急に僕の中の芯の部分は、実際一緒に作業するまで見て欲しくない気もした。音楽家として言葉じゃなく、音ではじめてこの人に見せたい部分も残したいと思った。

言わずもがな、僕は青柳さんのために音楽を作るワケではない。
僕が産み出した音が青柳さんという世界を通して出来た音楽。
それを聴いてくれた人達の、それぞれの世界の何かしらの匂いや光景と混じり合うかもしれない、と。
もしやもしや、そうなるかもしれん、と。

今現在、部屋で製作中の時の僕は決してカッコついたものじゃないけれど、そんな思いで音楽を作ってる。
もちろん、自分のための音楽でもあるが。

だから、だから。
楽しみにしていて欲しいし、それだけじゃなくやっぱりLIVEにも来て欲しい。

長文すんません、汽葉でした。

CATEGORY : DIARY

2015/06/01

汽葉ん家のコーヒー

KIBAMEMO_image_0601

HP等でも告知されているけれども、この度神奈川県藤沢市の辻堂にある「27 Coffee Roasters」とコラボレーションしたブレンドコーヒーのドリップパックをグッズとして販売する事になった。

予め僕の好みを色々と伝え、それに沿って27 Coffee Roastersの葛西さんが何種類かブレンドしてくれていて。
(※写真は葛西さんがドリップしてくれている様子。)
その中からダントツで気に入った一つを即決めして、そのコーヒーを汽葉ケイスケのグッズコーナーにて販売します。

前のブログで書いたように僕は以前コーヒーが大嫌いだったが、実は葛西さんも元々はコーヒーに興味がなかったとの事。
そんな葛西さんと、マイナスから大きなプラスへシフトしたコーヒー好きのコラボによるコーヒーを是非ご堪能あれ。

「27 Coffee Roasters」。すごく素敵なお店なので是非チェックをー。
http://27coffee.jp/

コーヒーの始まりには幾つか説があるようだが、どれも偶然赤い実を見つけた事で始まるというお話だ。
という事は、偶然まだ見つかっていない「ナニカ」も沢山あるように思う。

映画の「ジョー・ブラックをよろしく」でアンソニー・ホプキンス演じるヒロインのお父さんが、「大事なのは窓をいつも開けておく事だ。」というような台詞を語るのだが、それは本当に大事な事だと常々思う。

CATEGORY : DIARY

RECENT POST

CATEGORY

  • ARCHIVE