【新しい葬式】火葬式とは?

火葬式とは

火葬式とはの写真

火葬式とは、通夜や告別式のような儀式は行わず、火葬のみを行うもっともシンプルな葬式のプランのことをいいます。現代では身近な人が亡くなった場合には、通夜と告別式がほとんどセットのように付いて回る上に、家族や親族だけではなく、導師にあたる菩提寺の僧侶のほかにも、会社や地域などからの多くの人々を集めて盛大に見送りをするのがスタンダードな流れになっているといえます。しかし直葬とも呼ばれることがある火葬式の場合には、亡くなった人の遺体は自宅か、または霊安室などの安置されている場所から火葬場に対して直接搬送されることとなります。このあたりは通常との大きな違いであって、直葬という別名が付けられた理由です。そのため通常は家族や親戚などの血縁的にごく限られた人たちだけで、小規模に見送りをするという形式になります。経済的な理由から遺族の側ができるだけシンプルな手段を選択した結果というケースもあれば、亡くなった人自身が生前から望んでいたケース、核家族化の進行などによってそもそも参列者が集まらないといったケースまであり、その背景はさまざまです。形式的には昔からあるものではなく、近年になって普及しはじめたことから、葬祭関連の会社のなかでも最初からカタログなどにプランとして掲載している場合と、まったく対応ができていない場合とがありますので、依頼をするにあたっては電話などであらかじめ確認をしておくことも重要といえます。

葬儀のグランドセレモニー